RPGツクールで製作した自作ゲームの公開をしています。 プレイの感想・要望など書いていただけると幸いです。
トップ  戯言   ツクール日記   自作ゲーム紹介・DL場   掲示板 

--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/07(月)22:02
久しぶりに レビューです。

今回は、2D横スクロール型アクションRPG「朧村正(おぼろむらまさ)」のレビューです。

「朧村正」

ジャンル:絢爛絵巻和風アクションRPG
対応機種:ニンテンドーWii
開 発 元:ヴァニラウェア
発 売 元: マーベラスエンターテイメント(日本)
     イグニッション・エンターテイメント(米国)
     ライジングスター・ゲームズ(欧州)
人 数 :1人
メディア:Wii用12cm光ディスク
発 売 日:2009年4月9日(日本)
     2009年9月8日(米国)
2009年11月27日(欧州)
価 格 :7,140円(税込)
対象年齢:CERO B(12歳以上対象)

プロモーションムービー第1弾


プロモーションムービー第2弾



とりあえず プロモーションムービーが2つあったので貼っておきます。

「プリンセスクラウン」や「オーディンスフィア」の制作に携わった神谷盛治らによる

ヴァニラウェアが担当。音楽も『オーディンスフィア』に引き続き、

崎元仁らベイシスケイプが担当している。

ヴァニラウェアが開発を担当したゲームでは初めて和風の世界観を展開しており、

手描き調の絵巻風の雰囲気が特徴となっている。

元禄時代の将軍綱吉施政の時代を舞台に、様々な妖刀や名刀を巡る2人の主人公の物語が紡がれる。

横スクロールバトルで史実上にも登場する様々な妖刀や名刀を使い、刀に封じられた力を必殺技として解

放しながら、人や妖怪や神などと戦っていく。
(wiki引用)

概要はこんな感じです。

発売が今年の4月なので 今更感がバリバリですが、

Wiiをもっている方には非常にお勧めしたいゲームです。


まずは 気になるアクション性、操作性ですが、非常によかったと思います。

爽快感あるバトルを売り文句としているので悪かったらどうしようもないですがね。

かなりスピーディーな操作が要求されてきますが、

Aボタンを押しながらスティックを倒すだけでエリアル(空中コンボ)を余裕で決めれるところが

気持ちいい!!!!

この爽快感は半端ないです!!

しかも簡単操作でこのスピード感、自分がかなりうまいんじゃないかという錯覚さえ覚えます。

ただし 雑魚敵はそんな感じで進みますが

ボスは余裕にはいかない絶妙な難易度。回復アイテムさえあれば普通に初見でも倒すことはできます。

パターンさえ理解できれば 余裕になるので意外と楽か??


次に 妖刀に秘められた奥儀がかなりの数あります。正確にはわかりませんが;;

この奥義、発動中は完全無敵!!

奥義を使用してボスの攻撃を避けるというのがパターンとなってきます。

ですが ボスが攻撃してくるタイミングと攻撃範囲が掴みずらいのがこのゲームの味噌。

奥義を使用して無敵になれる分 相手の攻撃を読まないといけません。

その辺は、アクションゲームの醍醐味といったところなので別段苦痛ではないですが、

あまりにも奥義で避けるという作業になるのは いいことなのか??と疑問に思いました。


そしてストーリー。

ストーリーの起承転結の起の部分があまり深く語られないので、

最初はどうなってるの??とプレイヤー置いてきぼり状態ですが

あとあとわかってくるのでなんとかついていける感じ。

エンディングについては、まだ6つあるエンディングのうち2つしか見てないので

なんとも言えないですが、個人的には好きなエンディングだなと思います。


次に MAPです。

初見プレイ中は、かなりMAPの背景の綺麗さに圧巻。

ですがMAPがあまりにもワンパターンすぎて飽きてきます。

その分戦闘がかなり気持ちいいのでなんとか浮彫にはならない欠点と言ってもいい。

ゲーム全体がかなり良い出来なのに、MAPが非常に残念という感じ。

たぶんMAPは制作側が力尽きたのでしょうね・・・。


あとゲームとしてあまり関係ないですが、

ゲーム上に出てくる食べ物がかなりおいしそうというのも

朧村正の特徴ではないかと思います。

見ていると こっちがお腹空いてくるのである意味欠点か??普通に考えれば良いところですけど。



すべてのエンディングをプレイしていないのに点数をつけるのもどうかと思いますが

形式的に一応つけさせてもらいます。
 
本作に対しての点数評価

8.0点 / 10点満点中


※クルやんの独断と偏見ですので あくまで参考程度に あと多少辛口
※どんなに良ゲーでも9点と10点はでないと考えていいです
※基準は「光の4戦士 ファイナルファンタジー外伝」が6.5点



TOPへ
                       

↓テレビオンラインゲームランキングのツクールランキングに参加しています。
ツクールランク
                      

↓ポチお願いします。にほんブログ村のゲーム製作ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://kurukurukuruyan.blog.fc2.com/tb.php/135-75c2205a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
訪問者数


Since 2011-09-06

プロフィール

クルやん


管理者:クルやん
ゲーム制作を行なっています。
基本的には、ゲーム制作日誌のようなブログです。
使用ツール:RPGツクールXP,VXAce
制作ジャンル:アクションRPG,RPG
好きなゲームジャンル:アクション、RPG
好きなゲームメーカー:日本ファルコム
日本ファルコムのゲームは全て購入してきている。変人です(笑

<ブログバナー>
バナー

<ゲームをプレイしてみたい方へ>
☆自作ゲーム紹介・DL場はコチラ

<参加中のランキング>
よろしかったらクリックお願いします。





にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ



カテゴリ
最新コメント
年別アーカイブ一覧

自作ゲームの最新動画


Twitter

クルクルクルやん掲示板

ご要望・ご質問はこちらにお願いします。

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム

ブロとも申請フォーム
 | クルクルクルやんTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。